GR-901V マルチバンドGNSSレシーバーUSB(ZED-F9P)

新商品 おすすめ商品

通常価格:¥ 77,899 税込

¥ 70,818 税込

商品コード: GR901UC

数量

詳細→GR-901U WEB MANUAL
u-blox ZED-F9Pベース L1/L2  2周波受信 RTKサポート 台座付き(V)カスタマイズ版

USBインターフェイスはu-blox社のZED-F9P(第9世代)GNSSチップセットを搭載した2周波(L1/L2)同時受信マルチGNSSレシーバーです。 2周波受信のためにセッティングされたアンテナ一体型です。
GP GA GL BD L1/L2/L5 (B-GP GA GL BD L1/L5)
GLONASS,BeiDou,Galileoも同時に受信ができ位置情報計算が速く、受信状況による測位の誤差が激減しています。GR-901は移動局、基準局どちらにも使うことができます。

単独測位精度
 従来の測位法では,移動局の受信機は衛星が放送する1.023MHzのコードを観測します.1コード長(約300km)は,1023ビット構成されているので,1ビットあたりの長さは約300mです.受信機はこれを1/100に分解して測位します.したがって衛星とアンテナ間の測距精度は数メートル(3〜10m)です.
RTKの測位精度
 RTKの受信機は,約1.5GHzの搬送波を直接観測します.1波長(約19cm)の1/100の分解能をもっているため,約2mmの精度を実現可能な測位方法です。

RTK測位では,座標がわかっている場所に,1台の受信機(基準局・BASE)を固定設置し,移動体(移動局・ROVER)にも受信機とアンテナを搭載します.基準局と受信機で得た計測データ(搬送波の位相など)からリアルタイムに現在位置を計算します.
 搬送波を観測できる受信機のほか,基準局の観測データを移動局まで送る伝送手段(無線やモバイル・ルータなどによるIP通信)が必要です.
 RTK測位計算は,RTK測位計算エンジンをもつモジュール(ZED-F9P)、パソコンがあれば可能です.




supports dual band L1/L2,
support GPS/GLONASS/BEIDOU/Galileo/QZSS
RTK support
10Hz
Support Raw data
UART1-USB 460800bps

サイズ 本体 116Φ*24.6㎜
ペデスタル(台座)底部マグネットV/Q/S(Ucustom) 116Φ*56.8㎜
USB ケーブル1.5m
電源 5-5.5V DC 118mA